トップページ > 弁護士BLOG

弁護士BLOG

齋藤健太郎弁護士 小西政広弁護士 神村 岡弁護士

ポイシアン

2017.04.05 [ 小西 政広 ]

先日タイにいった際にお土産として頼まれた

ヤードムという吸入薬


買ったのはこれですが,なんだ通販でも買えるのか・・・

タイのセブンイレブンに売っていました。

最初刺激が強かったのですが,揮発するからなのか,鈍感になるからなのか,ちょっと手が空いたらミンティアを食べるように鼻に刺してしまっています。

ミンティアを食べてもコーヒーがまずくなるのですが,これでも同じような風味になってまずくなります。

おそらく体に悪くはないと思うのですが,なかなかの依存性です。

「問題ない」

2017.04.03 [ 齋藤 健太郎 ]

メディアの力がないのか,日本人の力がないのか
問題だと思うことや,不合理だと思うことも
「問題ない」
というだけで問題なくなってしまうなんて気がしてしまいます。

裁判でも
「否認する」
「不知」
という回答があって,主張責任・立証責任を負うものが証明しなければならないので,この二つの対応だけでも裁判の対応としては成りたつわけです。

しかし,どうしても説明がなければおかしいところや,説明がないことが不利益に理解されることも多いわけで,それだけで勝てるほど甘くはありません。
それなりに証拠や説明が出てきたときには無視できなくなるのです。

政治であればなおさら主張責任や立証責任というものでは解決しないため,より説明が求められることになります。

資料がないから仕方ない,なかったことを証明するのは悪魔の証明だ,などというのは本質からずれているでしょう。

日帰り東京出張

2017.04.01 [ 神村 岡 ]

普段道外への出張はあまりないのですが,今週は,日帰りの東京出張に2回行きました。

一度目は裁判の期日に,二度目は東京法務局に行ってきました。

それなりに疲れますし,1日がかりになります。
ですが,空港や飛行機の中では意外と集中して仕事をすることができますし,場所を選べばメールのチェックや電話もできます。
ですから,1日つぶれるというわけでもないのです。

日帰りでしたが,札幌ではできない出会いもあり,有意義な出張にすることができました。

法定相続人の証明書

2017.03.29 [ 小西 政広 ]

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170328/k10010927171000.html


「新たな制度では、関係者の戸籍抄本などをすべてそろえたうえで、被相続人の氏名や最後の住所、法定相続人全員の氏名や続柄など、相続に関する情報を一覧で記した書類と併せて法務局に提出します。
そして、担当者がこうした書類の内容を確認し、相続に必要な情報をまとめた証明書を作成して無料で発行するということで、法務省は、この証明書を遺産相続をめぐるすべての公的な手続きの際に使用できるようにしたいとしています。」

一回は戸籍を全部集めなければいけないわけですね。

まあそれでもその後の負担は軽減しますかね。

戸籍を取り付ける必要なく,法定相続人を一瞬で一覧にしてくれるのかと思ってしまいました。。。


来週はIPBAで1週間不在にします。

2017.03.27 [ 小西 政広 ]

2年前の香港,昨年のマレーシアに続き,

今年はニュージーランド北島のオークランドで開催されます。


1週間不在にしますので,ご相談はお早めにどうぞ。


偽証罪・・・

2017.03.26 [ 齋藤 健太郎 ]

例の籠池さんの証人尋問では,偽証罪になるとかならないという話がありますが,弁護士的な感覚からは,そんな簡単に偽証罪になんかなるはずないじゃん・・・と思ってしまいます。

証人が嘘を言うなんてことは民事裁判の世界ではよくあることです。
というか,だからこそ事件が起きて複雑になります。
問題は,それが嘘である(記憶に反している)ということをどうやって立証するかなのです。
客観的事実に反することを明らかにしたうえに,証人が記憶に反して証言したということまで証明するのは大変なことです。
証人尋問の途中で記憶をただされて,そうだったかもしれませんといえば,それは記憶違いだったということになります。
私は証言をほとんど見ていませんが,吐かせようとする尋問で吐かせられるようなものではないというのが通常です。

人間は嘘をつく動物なのだということを最近よく思います。
子どもの頃から嘘はついてはいけませんと教えられつつ,なんだかんだいって,大人になるということは嘘の付き方がうまくなるということでもあるという複雑な世界ですよね。
思ったことをみんなが口に出していたら世界は崩壊してしまいますよね。

まあ,当然,私は嘘をついかことなどありませんが。
というよくあるオチでさようなら。

印鑑証明書

2017.03.25 [ 神村 岡 ]

先日,印鑑証明書が必要になり,久しぶりに区役所に印鑑証明書の申請に行きました。

次の予定があったため,10分くらいでなんとか発行を受けられないかななどと考えながら区役所に入ると,あまり見たことがないくらいの大混雑。

番号札を引きましたが,60人待ちとかいうことで,自分の考えの甘さを思い知りました。
ちょうど転入・転出の時期で,おそらく年間を通じてピークではないでしょうか。同じく待っていた人の中には,駐車場に入るのに数十分待ったという人もいました。

そのような状況でしたので待つのは諦め,次の予定を先に済ませました。

40分ほど経過して区役所に戻ると,私の番号はまだまだ先です。
仕方なく英語の勉強をしたりしながら待ち,結局1時間ほど経過した頃に番号を呼ばれました。

何事も人出のピークはできるだけ避けた方が良いですね。

確定申告と休業損害・逸失利益

2017.03.22 [ 小西 政広 ]

確定申告の時期でしたね。

ところで,交通事故などの不法行為により休業を余儀なくされた場合に,個人事業主の休業による損害は,まずは確定申告書類から判断されます。

一応,確定申告書類については,税金の支払をより抑えようとする動機が働きうることから,休業損害の相談を受ける際,実際はもっと高いんだけど,という話をされることもあります。

そして,実際の資料があれば確定申告書類によらないで,休業損害を計算することも確かに理屈上はありえます。

ただ,実務上の実感として,裁判所に対して,「確定申告は低くしているけれど実際の収入はこれだけ多い」という主張はなかなか通りづらいです。

一つの局面での行動が他の局面に影響を与えることが意外と多いものだなと感じます。

クレジットカードで納税

2017.03.22 [ 小西 政広 ]

できるようになりましたね。


ただし1万円あたり76円の手数料がかかります。

これって利息制限法違反では??

と脊髄反射してしまいましたが,100万円を決済しても年利15%であり,クレジットカード払いにすることで最長2ヶ月支払期日が延びるとしても,1万円あたり250円までの利息は問題ないですね。

1万円で76円だと,4.56%ですね。

1ヶ月で支払時期が来る方は,9.12%。

クレジットカード払いにすることで得られるポイント還元率との兼ね合いですが・・・。


逆転の決定をもらう

2017.03.21 [ 齋藤 健太郎 ]

http://www.saito-kentaro.com/blog/_2/2017/03/post_736.html

専属的合意管轄というものがあります。
詳しくは上記の小西ブログ参照。

相手から移送を申し立てられた事件があります。
こちらが札幌地裁に訴えを起こしたところ,契約書にはどこの裁判所で裁判をやるかについて約束があるから,そこに送るべきだという移送の申立というのがなされました。

第1審の決定では,移送が認められてしまいましたが,高裁では移送は認められない(札幌で裁判してよい)という結論が出ました。
これで依頼された方の負担を少なく裁判を行うことができます。

現在では電話会議というシステムがあるので,必ずしもいかなくとも裁判はできるのですが,そうはいっても何回かは代理人弁護士が出張して出廷しなければならず,証人尋問の際には証人も行くことが多いです(ビデオリンク方式での証人尋問もできますが)。
やはり近い場所で裁判を行う利益と遠い場所で裁判を行う不利益は無視できないといえるでしょう。


<  | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 

ページ上部へ